Biography

 

12歳よりハープを始める。これまでに協奏曲、リサイタルのソリストとして精力的な演奏活動を展開し、国内主要音楽祭に定期的に客演。シューマン、フォーレ、ヴォルフ、ラフマニノフなどのロマン派歌曲、合唱曲、室内楽曲のハープ版編曲、また埋もれたハープ作品や知られざる名曲の発掘・研究をライフワークとし、2022年には浜離宮朝日ホール主催によるオール・フォーレ・リサイタルに於いて自身の編曲による「レクイエム」チェロ&ハープ版全曲を世界初演するなど、各地で実演により紹介している。アルバムはキングインターナショナルよりソロ「風と愛」「クリスマス・ファンタジー」を、デュオ・メルコレディとして「プリモ」をリリース。また「J.モルナール/秘蔵音源アルバム」(キングレコード)のライナーノート執筆、インターネットラジオOTTAVAレギュラーパーソナリティーや、東邦音楽大学エクステンションセンターなどで講師を務めるなど、活動は多岐にわたる。音楽、絵画、文学の学際的アプローチにより、多角的に自身の芸術理念を広く発信している。 

Megumi Nakamura began playing the Harp at the age of 12 and studied at Tokyo College of Music. Since winning 3rd prize at the 9th Osaka International Music Competition she has enjoyed her career as concerto soloist and recitalist, regularly performing at major music festivals. She pours a great deal of energy in widening the repertoire for harp, particularly by making numerous arrangements of the works from romantic era, her area of expertise, such as Lieder by Schumann and Wolf, choral work by Faure and romances by Rachmaninoff, together with introducing less-spotlighted original works for harp. As for recording she has regularly released critically acclaimed solo albums from one of Japan's major labels, King International since 2016. Having a multi-faceted approach towards music making, she is keen also in the fields of painting and literature based on long-running profound research. She holds a position as radio personality at OTTAVA, an Internet radio station in Japan, where she weekly presents a variety of programmes.