Biography

 12歳よりハープを始める。これまでに協奏曲、リサイタルのソリストとして精力的な演奏活動を展開し、国内主要音楽祭に定期的に客演。ハープ演奏に於ける可能性拡大に大きな情熱を注ぎ、ロマン派歌曲、合唱曲、室内楽曲のハープ版編曲をはじめ、埋もれたハープ作品や知られざる名曲の発掘・研究をライフワークとする。2022年には浜離宮朝日ホール主催によるオール・フォーレ・リサイタルを開催し、「レクイエム」チェロ&ハープ版全曲をはじめとした自身の編曲作品を演奏。翌年以降も同ホール主催の一人の作曲家に焦点を当てたリサイタル・シリーズが決定している。アルバムはキングインターナショナルよりソロ「風と愛」「クリスマス・ファンタジー」を、デュオ・メルコレディとして「プリモ」をリリース。シューマン、コンスタブル、ターナー、ユゴーをはじめとするロマン主義、ドビュッシー、ラファエル前派、アラン・ポーなど象徴主義の音楽・絵画・文学の関連性を研究対象とし、東邦音楽大学エクステンションセンター他で演奏会形式を用いた講義を行う他、「J.モルナール/秘蔵音源アルバム」「伊藤悠貴/アダージョ」(共にキングレコード)のライナーノート執筆、インターネットラジオOTTAVAレギュラーパーソナリティなど活動は多岐にわたる。アルバムはキングインターナショナルより3枚リリース。インターネットラジオOTTAVA「メルコの楽屋」プレゼンター。 

Megumi Nakamura began playing the harp at the age of 12. Since winning 3rd prize at the 9th Osaka International Music Competition, she has enjoyed her career as concerto soloist and recitalist, regularly performing at major music festivals. She pours a great deal of energy in widening the repertoire for harp, particularly by making numerous arrangements of the works from romantic era, her area of expertise, such as Lieder by Schumann and Wolf, choral work by Faure and romances by Rachmaninoff, together with introducing less-spotlighted original works for harp. As for recording she has regularly released critically acclaimed solo albums from one of Japan's major labels, King International since 2016. Having a multi-faceted approach towards music making, she is keen also in the fields of painting and literature based on long-running profound research. She holds a position as radio personality at OTTAVA, an Internet radio station in Japan, where she weekly presents a variety of programmes.